トップ

マンションを綺麗に保つ

マンション管理会社の清掃業務

マンションの価値を守るために

マンションの価値を長く保つのに大切なことは清掃です。築年数が古くても人気のあるマンションは常に清潔に保たれています。この事例からも分かるように清掃業務はマンションを管理する上で特に重要なポイントになります。

マンションの清掃には、日常清掃と定期清掃の2つがあります。このうち日常清掃はマンションの清潔さを保つ上で重要な業務です。エントランスやエレベータホールなど人目につきやすい場所だけでなく、排水溝や溝に溜まった落ち葉や土は見た目の悪さだけでなく、マンションの寿命にも影響を与えます。

また、清掃に関して報告があることも重要なポイントになります。細やかな報告があると管理会社が清掃中に気づいた不具合にも早期に対処することができます。このようなこともマンションの価値を長く保つためにはとても重要なポイントになります。

●マンション管理会社を選ぶもうひとつのポイントは特別清掃です

マンションの清掃には日常清掃と定期清掃がありますが、この他にも高所の窓ガラスなどの清掃を行う特別清掃があります。特別清掃もマンションの価値を長く保つために必要な清掃業務です。特別清掃についてはすべての管理会社が提供しているわけではありませんから、このようなサービスも提供できる管理会社を選ぶことも大切なポイントになります。

この他にもマンション管理会社を選ぶ条件には、点検業務や管理人業務があります。点検業務は、給水ポンプや火災報知機、エレベーターなどの機械類の点検を行います。この業務はマンションでの生活を円滑にそして安全にするためには大切な部分です。管理人は普段関わることは少ないですが日常清掃の業務にも関わってるので大切なポイントです。

マンション管理会社の役割は多岐に及びますが、その中でも重要なのは清掃業務です。行き届いた清掃はマンションの価値を長く保ち、住む人にも大きな満足感を与えます。

良いマンション管理会社選びのポイントは清掃業務がしっかりしていることです。